どうも、こじです。

 

 

最近 Twitter 見てて、よくあるこんな広告を見て思ったんです。

 

 

 

 

「この子キレイだな~」

 

 

 

 

 

って違うわ!

 

 

いや、違わないけど違うわ。

 

 

 

・・・とりあえず、この広告をきっかけに自分のキャリアについてちょっと考えてみました。

 

 

スポンサーリンク

就職する前に描いた3年後の自分には全然なれていない

 

 

学生時代が終わり、社会人として4年目になる2018/04/02、僕は就職前に描いた「社会人3年後の理想の自分」に全然なれていないんですよね。

 

 

それは何故か。

 

 

考えられる原因は3つです。

 

会社に甘えていて、自分で未来を掴み取るという意識が欠けていた

 

 

大学生のころの就職活動では、「とりあえずIT企業に就職して、3年くらいである程度技術力を身につけてさっさと転職しよう」という考えから、待遇よりもエンジニアとして成長できるかという点を重視して企業を選んでいました。

 

 

 

僕は自立した人間になりたかったですが、自立するための力を会社の中で身につけようとしていたんです。

 

 

 

なにもおかしいことじゃないですよね?最初から自分で何もかもできるなんて人はいませんから。

 

 

fa-check-square-o 自立について、僕も同じ意見ですというブログを紹介します。

[猛毒注意] 会社に面倒みてもらってる時点で自立してないからね?

 

 

 

ですが、あまりにも他力本願すぎて、自分で自分のやりたいことを成し遂げるための努力すらやっていませんでした。

 

 

さらに、入社1年目のときには、自分のやりたいことをやるための努力ではなく、会社のために頑張るという間違った努力をしていたり、入社2年目の途中まで、努力を放棄し趣味のみに集中したりと迷走してました。

 

 

 

 

 

いや~、、、本当に失敗です。

 

 

 

会社の上長には、自分のやりたい仕事を事あるたびにお話していたので、そのうち何とかなるだろうと考えていたのも間違いでした。

 

 

 

会社員として、組織の中で働く以上、自分がやりたい仕事に携われない可能性はどうしてもあります。

 

そんなときは、自分のプライベートの時間を使って自分がやりたい仕事に関わるための努力をするべきだったんです。

 

そして、こういう努力をしてきたから自分のやりたい仕事に関わらせてくださいって交渉をすることが必要でした。

 

 

 

 

これに気づくのが遅かった。。。

 

 

 

自分がやりたいことをやるための努力をしていなかった

 

 

これは、上で挙げた内容に関連するのですが、「自分で未来を掴み取るという意識が欠けていた」ため、「自分がやりたいことをやるための努力をしていなかった」という風につながります。

 

 

実際は努力はしていなかったわけではないですが、実際はもっと早く出来ただろと今でも思います。

 

 

フリーランスエンジニアになって、Web系の仕事をしている今、周りの優秀なエンジニアの同僚と働いていると、「今まで何をやってきたのだろうか・・・」と軽く凹むときもあったりしますからね苦笑。

 

 

fa-check-square-o 僕がやってきた努力についてはこちらをどうぞ

 

 

ここまでに出来なかったら辞めるという、見切りラインを明確にしていなかった

 

 

そう、これが一番の失敗だと思ってます。

 

 

 

やりたい仕事に携われていないのに、「区切りのいいところまで待って欲しい」という上長の言葉を信じて、2年9ヶ月も会社にしがみついてしまいました。

 

 

今冷静に振り返ってみると、上長は明確な期限を決めていたわけじゃないんですよね。

 

 

結局会社に都合よく使われた挙句、自分のやりたいことに携わるための時間をたくさん無駄にしてしまいました。

 

 

とんでもない機会損失です。

 

 

 

もし、1年とかで見切りをつけて会社を辞めていれば、今はもっと自分の理想とするエンジニア像に近づいていたかもしれません。

 

fa-check-square-o 僕が会社を辞めた話です。

 

 

まあ、たらればなんて言っていたって今が変わるわけじゃありませんから、これからは都合よく使われないように、明確に自分の目的と期限を決めていこうと思います。

 

 

まとめると

 

 

「過ごした時間に納得できるか?」って話ですね。

 

 

 

僕は出来なかった。それだけです。

 

 

どうすれば自分が過ごす時間に納得できるか。

 

これを考えることが重要なんじゃないでしょうか。

 

 

まあ、たとえ今過ごした時間に納得していたとしても、自分の考えが変わるにつれ「なんでもっと早いうちに○○しなかったんだ・・・」って考えてしまうのが人間なのですけどね。

 

 

スポンサーリンク

今後僕はどうするのか

 

 

うーーーん、、、

 

 

とりあえず、Web系のエンジニアとしてキャリアを積み上げていきつつ、複数の収入源を得るための努力をしつつ、労働者階級のみからの脱出を目指していく感じですかね~。

 

 

自分の将来は自分で作っていくっていう意識はあります。

 

 

 

僕が勉強させていただいているえとみほさんのつぶやきでこんな記事がありました。

 

 

今の若い人は「何をしたいか」よりも「どんなライフスタイルを送りたいか」が先にあって、会社を選んでるところがあるなと感じます。

 

・・・・・・(省略)・・・・・・

 

いろいろなものが不確実な時代だからこそ、若い人は"暮らし方"や"働き方"に夢を置くのではないか

 

 

 

 

僕はこの記事を見て、激しく同意しました。

 

 

 

 

 

 

とりあえず、フリーランスエンジニアをやって堅実に資産を築きつつ、心の底から自分のやりたいことができたときにそれに集中できるようそこそこ頑張っていきます。

 

 

 

 

https://twitter.com/koji_aibaka/status/978422024497319937

 

 

僕はわりと意識低めです笑

 

 

 

スポンサーリンク

最終的には自分の直感を妄信するつもり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、こんな感じで。

スポンサーリンク
おすすめの記事