入学・卒業・就職・転職など、新しい環境に身を置くことは誰もが経験してきたことがあると思います。

 

そして、新しい環境では新しい挑戦をする人もいるのではないでしょうか。

 

僕も最近働く環境を変えて、色々試行錯誤しているところです。

 

そこでふと、新しい環境で最優先にすることは信頼関係を築くことなのではないか、と思うようになったのでその理由を語ります。

 

 

フリーのWeb系ITエンジニアとして働き始めて1ヶ月が経った

 

新しい職場での人間関係構築と、そこの職場の仕事のやり方を覚えたり技術向上のため勉強などやることはまぁたくさんあります。

職場に早く馴染み、早く戦力になるため頑張っていました。

 

 

そして、感じたのは仕事のやり方の違和感やプロセス的に無駄だと思うことなどです。

 

 

ですが、最初にこのような違和感や無駄だと思うことを改善行動に移そうとしても何もわからない奴が何言ってんだ」「新参が偉そうに」というようなことになるんじゃないかなと、なんとなく思っていました。

 

逆の立場なら、僕もそう思うでしょうから。

 

 

というか、こういうようなことは思い出せば様々なことで語られていることを思い出しました。

 

普段よく見るドラマやTV、本や漫画など、身近なコンテンツで「そのコミュニティに新しく入った人間がそんな状況で潰される」ことを。

 

そうなんです。答えは最初から自分の中にあったんです。すでにそういう状況は知っていたんですから。

違和感として感じていても、いくら知識として知っていても、実際に自分がその状況にならないと自覚できませんでした。

 

一緒に働く人たちと信頼関係を築く前に、危なく孤立するところだった

 

帰りの電車の中でこういうことを思い出し、そういう人たちはまず信用されることを第一にしていたなと思い出していたところ、twitter でこんなつぶやきを見ました。

 

 

な、なんだこの実に僕の思考や状況にタイムリーなつぶやきは!!!

 

と思い、関連するつぶやきを追わせていただきました。

 

以下でまとめて紹介します

 

 

僕は仕事関連の人と距離を縮めるなら、飲み会よりもランチを活用しています。

 

ランチのメリットは、飲み会より安く済み一緒にいる時間に明確な終わりがあるということです。

 

僕はよく一緒にランチ行きますし、これを活用することによって確実にコミュニケーションを取ることができるのでオススメです。

 

 

郷に入っては郷に従えということわざ通りですね。

 

 

す、素晴らしい・・・

 

人様の思考を覗けたおかげで自分がやるべきことがハッキリとわかりました。

 

自分の頭で考えることも重要ですけど、そもそも自分だけで出来ることなんてたかが知れてるので、自分以外の視点を取り入れることは大事ですね。

 

まとめましょう

 

  1. 新しい環境に移った際の最優先事項は、信頼関係を築くこと
  2. しかし、信頼関係はすぐに築けるものじゃない、3ヶ月は視野に入れよう
  3. 信頼関係を築くためにはコミュニケーションが欠かせない。オススメのコミュニケーションはランチに行くこと
  4. 日々の仕事を真面目に取り組みつつ、信頼関係を築きながら、違和感を感じた状況を残す
  5. 3ヶ月経つと、その書き留めた違和感の背景がわかってきたりして、改善に取り組めるものが絞り込めてくる

 

ということらしいですね。

 

違和感や無駄を改善するのは、信頼関係を築いた後に行いましょう。

 

勉強になりました。

 

 

 

うん、そんな感じ。

スポンサーリンク
おすすめの記事